リタイヤ後にどこに海外ロングステイするか?

リタイヤした後、日本から近くて長期滞在に向いた国を探すと

マレーシア、タイ、インドネシアが浮かびます。(フィリピンについて私は未確認です)

シンガポールやオーストラリア、ニュージーランドは、今やビザ取得に多額の資金と投資が前提で手が届かない。物価も安くない。

では、マレーシア、タイ、インドネシアの中で何処を選ぶか?

英語が通じる点では、マレーシアが有利。マレー語はアルファベット表記で文字の学習は不要。マレー語とインドネシア語は近い関係。タイ語は、文字から覚える必要有り。
経済状態の高さから、より先進国に近い生活を目指すならマレーシア、タイ、インドネシアの順。
まあ、生活レベル下げてでも物価の安さを重視するなら逆順になるかと。

長期滞在ビザでは、マレーシアのマイセカンドホームプログラム(MM2H)を1度取ると10年有効で更新も可能。
その間入出国は自由。と、とても使い勝手が便利。

タイ、インドネシアは、1年間有効のビザを取り直す必要が有り、維持が面倒。
インドネシアの場合は、メイドを雇う義務が有り、インドネシアを出国する都度、再入国するための手続きが事前に必要。

長期滞在ビザを取らずに短期滞在を繰り返す方法も有るようです。しかし、私は別途理由を書きますが長期滞在出来るビザを取得することを目指します。税制上日本の非居住者と判定される条件を整えることを目指しています。

まずは、海外ロングステイ先の人気ランキングで1位のマレーシアを第一候補に選んだのでした。

滞在国を選ぶ観点は幾つも有りますが、別途書きます。

(Visited 181 times, 1 visits today)

コメントを残す