どこに海外ロングステイするか?(住居)

住居の面から、検討した事をまとめておきます。

結論から言うと、KLはいろいろコンドミニアムの選択肢が有る。
チェンマイのコンドミニアムでは、我が夫婦が目指す2ベットルームは、少ない。
バリ島は、低層物件しかない。

マレーシア>チェンマイ>バリ島
いろいろな評価が、この順位になってきます。まあ、平均年収と同じ序列ですね。

以下、詳細です。

私達夫婦が、住居を選ぶ条件は。

2ベットルーム以上の間取りであること
徒歩か、公共交通機関で移動して生活できること
暑い気候なので、高層コンドミニアムの高層階で風通しがよい部屋が望ましい
手が届く家賃である事(月額10万円以下を目安としたい)

この条件の中で、徒歩か公共交通機関での移動が厳しい制約になっている。
背景は、妻が車の運転が苦手な為。私は、車でもバイクでも運転するのだが。

マレーシアの都市は、沢山のコンドミニアムが有り選り取りみどり。
とは言え、KLで鉄道駅徒歩圏に限定すると選択肢は限られるが。バス、タクシーを使えば、広がる。

バリ島のウブド、サヌールには、高層コンドミニアムは立ってない。
3階建てを超える建物は見当たらず。ヤシの木以上の高さの建物を建てられないとか読んだことがあるが、裏付け取ってないです。

今回チェンマイの住居事情をネット検索しました。
すると、中心街徒歩圏の2ベットルーム以上の間取りの高層コンドミニアムは、物件が少ない。このようなタイプの物件に住むのは外国人に限定される模様。

具体的に浮かび上がった物件名は、

floral
rimping
emmbasy
hillside 3,4

次のサイトにまとめられていたことを追認する結果になりました。
チェンマイのアパート・コンドミニアム情報

次のサイトで上位に記述される物件も似た選択
chiang mai locator

この中で、hillside4について、tripadviserの書き込みを見ると、低層階のショップロットが寂れている様子。日本人は、多いようだが、日本食レストランは今や閉まってるとか。古い物件の流行り廃りは予測できないのだろうなと、買う気は無いのですが、もし買ったら、そうなる前に手放さないとと。思った次第です。KLのコンドミニアムやショッピングモールでも、廃れている物件は幾つか見かけました。

チェンマイで選択肢を広げるには、ソンテウ路線(小型トラック改造の路線相乗りタクシー?)を対象にするのが一案です。この辺は、現地体験調査事項に残して置きます。

チェンライについて、これから調べるつもりです。