タイ カシコン銀行での口座開設 これからロングステイビザを取るために口座開設するのは出来ないと回答でした

タイ カシコン銀行に、タイ国内で手続きをしてロングステイビザを取るために、ビザ取得前に80万バーツを預ける口座を開けるか、メールで問い合わせたところ、下記のような返事が来ました。日本語のメールです。

結論は、駄目でした。これを真に受けると、日本でビザを取ってから、タイに入って、口座開設が一つの流れになりますね。

また、3メガバンクと一部の地銀からの送金では、中継銀行不要との事でした。
優遇両替レートを得る条件は、電話で教えてくれるようです。

週末に送付して、月曜の昼に返信が来てました。良い応答だと思います。

以下に回答メールを転載します。
—–
ジャパンデスクのご利用誠にありがとうございます。
ご相談の件、次の通りご案内申し上げます。

質問1)そのための口座開設をしたいのですが、可能でしょうか?
->弊行にて口座開設をする場合以下の書類が必要となります。(バーツ口座、円口座ともに同様の条件となります。)
①パスポート
②ワークパーミット(労働許可証)

原則として当地にて就労されている方を対象としております。
ただし、留学生の方、駐在員の配偶者様、ロングステイビザをお持ちの方や、当地にてコンドミニアムを既にご購入済みである方等長期でご滞在されていることをご証明頂ける方は各支店の支店長の判断により、別途必要書類をご準備の上、お口座を開設することも可能です。
よって、これからロングステイビザを取得される方がお口座を開設されることはできません。

質問2)日本のどの銀行から送金すると手数料が少ないか、中継銀行が不要になるか、あるいは、中継銀行にはどこを指定すべきかについて、教えていただけませんか?
->日本より海外送金をされる場合、手続きされる日本の銀行での送金手数料、当行での入金手数料がかかります。当行での入金手数料は送金額の0.25%(最低200バーツ、最高500バーツ)となり、どの銀行よりご送金されても同じ金額となります。
よって、手数料の差は、日本の各銀行での送金手数料によることと存じますが、各行の手数料につきましては、直接各行へお問い合わせください。
また、ご存知の通り、中継銀行を介する場合中継銀行での手数料もかかることと存じます。

なお、弊行への送金につきましては、メガ3行と弊行と提携のある地方銀行よりご送金を頂くことで中継銀行を経由せずに行うことが可能です。
また、これらの銀行よりご送金を頂く際に、日本円をそのままご送金頂き、当行にてバーツへ両替の上、バーツ口座へ入金することが可能です。(円口座を別途開設する必要はございません。)

質問3)また、預金額が多いと、手数料を優遇するようなサービスはありますか?
CIMB THAIの CIMB prefferdのようなサービスをイメージしてます。
->当行のWidomメンバー、または、Premiumクレジットカードをご利用頂いているお客様については、外貨両替レートの優遇がございます。また、この他、提携スポーツジム利用や、空港ラウンジ利用、ゴルフ料金割引など、様々な特典をご用意しております。
なお、個人様のお口座やお取引、クレジットカード等のご相談につきましては、弊行コールセンターにて承っております。本件につき、引き続きご不明な点等ございましたら下記日本語専用コールセンターまで直接ご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

日本語専用コールセンター
+66-2888-8826(日本語直通)
【受付時間】8:30~22:00(月~金曜日)

よろしくお願い致します。

カシコン銀行・ジャパンデスク
メール:japandesk@kasikornbank.com
======================================
Japan Desk
KASIKORNBANK
E-Mail : japandesk@kasikornbank.com
======================================

(Visited 1,095 times, 1 visits today)

「タイ カシコン銀行での口座開設 これからロングステイビザを取るために口座開設するのは出来ないと回答でした」への2件のフィードバック

  1. こんばんわ!小生、タイを中心に冬を過ごしている者です。
    もちろん、こちらで銀行口座をもっています。
    ロングステイ・ビザを取るための預金口座開設に、先にビザを取れという矛盾した回答ですね。
    表玄関から行けば、ルール上はこのようになります。
    しかし、銀行からの回答内に、口座開設は支店長決裁とありますね。そこのところがタイらしいところです。要は支店長または担当者次第でどうにでもなると言っているわけです。
    ネットで、「タイで銀行口座開設」とインプットすると、成功例が沢山出てきます。
    バンコクに来て、バンコク銀行やカシコン銀行の支店を何件か回れば多分やさしい担当者に出会い、口座開設できるでしょう。
    小生、ブログ更新をさぼっていますが、ブログにも口座開設のことを書いていますから、よろしければご覧になってください。

  2. ワンダーオウルさん
    貴重なコメントありがとうございます!

    2013/1に、バンコク銀行で、断られても翌日同じ行員に頼んだら通してくれたとのご経験を拝見しました。別の人に当たるのではなくて同じ行員に再度頼んで成功された所がミソでしょうか。

    おっしゃる通り、支店長の裁量余地は大事ですね。mm2h取得の時でも、その時の裁量で運用が変わってしまうのは経験してまして。隣の国ですけど、そういう土地柄なのかなと思います。

    断られてもリトライされてやり遂げられたのには、尊敬致します。

    私の場合、断られたら他の支店行員に当たって見ることを繰り返して見ようと思います。

    最近の口座開設事情は、どうなのでしょう。

    口座開設について検索すると、最近の書き込みで、以前は出来ていたやり方が、出来なくなった。或いは、今後厳しくなるって話題を目にするのが気になる所です。
    銀行からすると外圧のマネーロンダリング対策やテロ資金対策は益々厳しくなるご時世で。
    早めに確保するのが良いなあと思いつつ。
    まだすぐロングステイ出来ないので、どうしたものかなあと。

    観光滞在中に、
    いくつかの支店行員に当たってみようと思います。

    ブログを拝見致します。コメントありがとうございました。
    また、コメントして下さい。

コメントを残す