日本の車に国際ナンバープレートを付けて、マレーシア、シンガポール、インドネシアを運転する?

number
画像元

国際ラリー車は、日本のナンバープレートのアルファベット版を付けて、海外で走ってますよね。
あれ珍しくて格好いいなあと思っています。
その制度を使って、マレー半島を縦断して更には、タイなどを旅行出来ないかと。

ちょっと調べてみました。

JAFのサイトです。
JAF 国際カルネ

『自動車カルネは、自家用自動車(含自動二輪)の一時輸入の通関手続を簡素化する書類です。これによって一時輸入された自動車は、その国に登録する必要はなく日本登録のままで外国を走行することができますが、定められた期間内に再輸出しなければなりません。カルネの有効期間は1年間で、ご使用後はJAFへご返却いただきます。』

と言う事で、1年程度で車を日本に戻す必要があります。
別途各国に滞在できる期間の制約を確認する必要があります。
また、担保金(もし現地で売ってしまった時の関税)を預ける必要も。
なお、このナンバープレートは、日本の役所が作るものではなく、自作するそうです。
JAFが引受けてくれるようです。

自作なのは、マレーシアのナンバープレートと同じですね。(笑)

JAFのサイトに拠れば、マレーシア、シンガポール、インドネシアは、条約締結されているので本制度が使えると。

ネット検索すると、バイクで東南アジア各国を冒険旅行した話題が幾つか見つかりますが。
自動車旅行の話題がまだ見つかりません。
そのバイク乗りの書き込みの中に、ヨーロッパ人が夫婦で車で陸路旅行しているのに出会ったって話題が出てきたりします。

大人の日本人は、あんまり冒険しないのでしょうか。
また、車の場合、担保金が高額なので敬遠されるのかもしれません。
引き続き情報収集してみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
いいね!のクリックお願いします

(Visited 925 times, 2 visits today)

コメントを残す