KLCC周辺コンドミニアムにおける連続侵入盗事件の発生 日本大使館情報

KLCC周辺に所在するコンドミニアムにおいて、連続侵入盗事件が有ったそうです。
バールでこじ開けたという情報見ると、玄関の鉄格子に価値がある事を再認識します。
先日お借りしたKLCC近くのコンドは、鉄格子が無かったです。オシャレに電子ロックが玄関ドアについてたんですが。バールでこじ開けられたら、開いちゃうなあって構造でした。
呼び鈴には、応答した方がいいというのが対策に書かれてます。

以下、転載します。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村いいね!のクリックお願いします

KL市内コンドミニアムにおける連続侵入盗事件の発生
平成27年2月18日
在マレーシア日本国大使館

 今月4日、クアラルンプール市内KLCC周辺に所在するコンドミニアムにおいて、邦人宅を含む6世帯が被害となる連続侵入窃盗事件が発生しました。
 同コンドミニアムは、警備員が常駐し、監視カメラも設置してある物件にも関わらず被害に遭っています。プロの窃盗グループが常習的に犯行を繰り返している可能性もあり、また、これからの時期は中華正月で長期に不在する世帯を狙った犯行が増えることが予想されますので、引き続き十分な警戒が必要です。

【事件概要】
  2月4日(水)午後1時頃から午後3時頃までの間、高級外車に乗車した4人組の男が、アクセスカードを用いて正面ゲートから敷地内に侵入し、約2時間で連 続6軒の犯行に及び現金等を窃取した上で、再び正面ゲートから車で逃走した事案で、犯人らは被害宅の玄関扉をバールのようなもので破壊して留守宅に侵入し、室 内を物色しています。
 犯人らは、留守宅であることを確認するため、ドアを破壊する前に呼び鈴を押すなどの行動をとっている可能性が高く、不審な 人物が突然訪ねて来た場合には、用心して居留守を使うよりも、ドア越しに『警備員を介して訪問するよう伝える』など、在宅中であることを知らせることが被 害を回避することにつながります。

【対策】
○ 玄関ドアは鉄格子付きの2重扉、施錠部を複数にする(家主に交渉する。)。
○ 現金や貴金属等の貴重品は、施錠できる部屋の目立たない場所に保管し、外出時は施錠する(普段からメイドの立入りは許可せず、鍵も渡さない。)。
○ 高層階でも、テラス出入口、窓等は施錠する(就寝中を含む。)。
○ 長期間不在にする場合は、郵便物等の処理を信頼できる人物に依頼しておく。

また、万が一に備え、下記も留意して下さい。
○ 帰宅時に玄関ドアが壊されているのを発見した場合、単独では室内を確認せず、警備員を呼んでから複数で確認する(犯人との鉢合わせを避けるため。)。
○ アクセスカードを紛失した場合は、マネジメントに届け出て失効処理をする。


「21世紀の資本」トマ・ピケティ教授のパリ白熱教室は、3/2月曜1時10分から再放送です。

最近の経済話題として、トマ・ピケティ著のベストセラー「21世紀の資本」が話題です。

NHKの白熱教室で、講義を受けられます。
トマ・ピケティ教授のパリ白熱教室 全六回
再放送が始まります。

3/2(月) 1:10放送開始。Eテレ

NHK白熱教室

米国では、1%の金持ちが、富の多くを集めていると、ウォールストリート占拠活動の根拠ともなった研究です。
収入の格差、資産を持つものと持たざるものの格差は広がっている。
戦前からの各国納税データを分析した研究で、難しい理論は出てきません。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
いいね!のクリックお願いします


mm2hを利用した車の免税購入、輸入は、4月より実施される物品サービス税を課せられる?

mm2h公式サイトの掲示を転載します。
mm2hの制度では、車を一台免税で手に入れる事が出来た訳ですが、4月より実施されるGST物品サービス税は課せられるのか免れるのかについてです。
マレーシア観光文化省は、財務省からGSTを免れることの正式な通知を受取っていない。
なので、GSTの対象になる。
以上が私の意訳ですが。

まあ、本件の扱いについて両省間で、明確な結論が出てない?正式な回答が出てない。
と理解しました。このままだと、時間切れでGST適用。
と言う事は、後日GSTを免れる事になりましたとの通知が出る可能性は残っているとも読めます。

実際の関係者の調整が今どういう状況に有るのかが、気になる所です。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
いいね!のクリックお願いします

Announcement
27/2/2015
Imposition of the Goods and Services Tax (GST) Effective 1 April, 2015

Currently, MM2H participant may purchase one new car made or assembled in Malaysia which is exempted from excise duty and sales tax OR import one car which belongs to him/her from country of citizenship or where he/she last domiciled, which is also exempted from import duty, excise duty and sales tax for bringing in it into Malaysia for his/her personal use.

On 1st April, 2015, the Government of Malaysia will start to impose the Goods and Services Tax (GST) in Malaysia. As of now, the Ministry of Tourism and Culture Malaysia has not received an official notification from the Ministry of Finance (MOF) to give any tax exemption to MM2H participants when they:

a) Purchase a new car made or assembled in Malaysia; or
b) Import a car which belongs to the participant in his/her country of citizenship or where he/she last domiciled.

Therefore any car which is purchased in or imported into Malaysia on or after 1st April, 2015 is subject to GST unless it is given exemption by MOF.
Thank You. Malaysia My Second Home (MM2H) Centre MALAYSIA