e-tax不動産登記に使える住基カードの電子証明書は、来年取得更新する方がお得で便利になる!と検討中

住基カードの電子証明書期限が切れたので、区役所に行ってきました。
8:45の開庁前から待ったのですが、確定申告の季節柄同じ様な用件の方が数人待ってました。

電子証明書の機械は、一台しかないとかで、1人10分位かけて処理してました。
フロッピーディスクを隣の機械との間で何度も行ったり来たりしながら。
こんな処理に、なんで、そんなに手間が掛かる仕組みなのか。疑問で一杯ですが。
二人目の処理で、30分後に終わりました。

接触型でのカード読み取りに失敗して、接点に汚れが有ったとか。まあ、その分30秒程度のロスでしょうか。

そこで貰った案内資料の内容を紹介します。

来年1月から住基カードの発行に代えて、個人番号カードが発行される。マイナンバー制度の一環ですね。

個人番号カードは、発行手数料無料(検討中)、電子証明書無料付与(検討中)
電子証明書の有効期間5年
との事です。。

無料で長く有効なら便利ですね

個人番号カードは、有効期間10回目の誕生日と書いて有ります。59才で取得すると1年未満しか使えないって事?でしょうか。

私の電子証明書は、3年後まで有効になりました。
住基カードは、来年3月に失効なのですが。それでも電子証明書は、3年後まで有効だとの事でした。
手数料を印紙でなく現金で500円支払いました。職員が不便に使っていたイケてないシステムの経費に直接充てられるのでしょう。土曜日に止めてるし。(・へ・)

個人番号カードでは、もっとマシなシステムを設計構築して欲しいものです。