海外ロングステイについて思う事 理由と滞在先

これは、私の場合の現時点の思いです。

まず、この所の円安は、海外滞在にマイナス要因。
1ドル80円から120円まで5割も円の価値が下がりました。

海外滞在は、多少不便な生活でも、物価の安さで価値を感じる(同じお金で豊かに、良かったなと)ならば続ければ良い。

不便さが、多少と感じるレベルや、好奇心で飲み込める程度ならばいいですが。逆に言えば、それを超えたら何のためにこういう生活してるのか?との疑問を乗り越えられない時が来たら撤退かと。
また、ローカルの人達の人柄(親切な国民性)も滞在先選定上、大事だと思うこの頃です。

そう考えて、マレーシアKLよりも物価の安そうなタイ郊外チェンマイ、チェンライに興味を持ち始めたこの頃です。休みが取れたら、滞在してみるのが次の行動予定。

そして、残っている滞在先候補が台湾です。
食べ物(中華料理は親しみやすい)とその物価は、魅力が高そうです。
言葉でも漢字の共通性は、大きな加点。

課題は、滞在期間に制約が有ってリタイヤメントビザを取っても最長180日。
だったら観光滞在の90日以内を目安にした滞在地としての位置づけかと。

台湾を候補にするなら、沖縄、北海道も。

検討は、続きます。