タイ北部は、この季節空気が悪いようです

Screenshot_2015-03-19-20-49-06
この数値は、3/19本日のチェンライの数字です。150超えてますね。
チェンマイが、100程度。
3月は、野焼き山火事で大気汚染が有る季節のようです。

少し前までは、50程度だったので、はっきりと数字が悪くなってます。
2月から4月は、大気汚染の点では、タイ北部の滞在を避けると良さそうです。日本の花粉の季節と重なりますね。

この季節は、何処に滞在するのが良いでしょう?


3/21バリ島は、ニュピ祭日で一日活動停止になります 外出禁止、交通停止、電灯も火も調理も飲食店も停止

バリ・ヒンドゥー教のニュピ祭日は、断食して家の中で静かに瞑想する日との事です。

バリ島の魅力は、宗教行事が盛んな事。それに興味が有れば、楽しめるのではないかと思っています。

飛行機まで止めちゃうっって凄いですね。
では、この日外国人も断食を求められるのか?
ある方のブログでは、こっそり宿が食事を提供してくれたとかありましたが。実際の所、どうなのでしょうね。
旅行は、避けた方が良さそうです。

以下、外務省の情報を転記します。
ーーーーー
インドネシア(バリ島):ニュピ祭における注意喚起
2015年03月03日
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
1.インドネシアのバリ島においては、3月21日(土)はニュピ祭日(ヒンドゥー教サカ暦新年)に当たります。ニュピ祭とは、断食と瞑想に専念するバリ・ヒンドゥー教徒の精神修養の日のことで、当日、バリ島では火や電灯が一切使われないほか、飲食店や商店などの営業が禁止され、外国人も含め様々な制約が生じます。

2.バリ州政府は、このニュピ祭が円滑に実施されるよう、外国人に対しても理解を求めるとともに、以下の内容の通達を発出しました。
(1)3月21日の午前6時(実際には21日午前0時頃)から翌22日の午前6時までの24時間、外出、移動、車両の使用、火と電灯の使用、及び娯楽など静粛を妨げる行為は禁止する。
(2)バリ島のングラ・ライ国際空港においては、国内線・国際線ともにトランジット便及び緊急着陸便を除き、全ての離発着を禁止する。(乗客の乗降は認められず、トランジットの乗客及び航空機のみが空港の使用を許可される。)
(3)バリ島に出入する船舶に対するすべての海運サービスの提供を禁止し、海港を閉鎖する。

3.つきましては、3月21日前後にバリ島への渡航・滞在を予定されている方は、ニュピ祭の行動制限が外国人を含むバリ島内のすべての人々に適用され、警察、医療機関、消防等の治安及び人命にかかわる特別かつ緊急を要する活動を除き、島内での屋外行動が禁止されることから、ニュピ祭当日はホテル等の宿泊施設から外出ができないことになりますので、現地事情を理解するとともに、現地滞在に際して十分注意してください。

4.なお、インドネシアについては別途「危険情報」が発出されていますので、同情報にもご注意ください。http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?id=002&infocode=2013T074#ad-image-0

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3679
○外務省海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地公館連絡先)
○在デンパサール日本国総領事館
 住所:Jalan Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, INDONESIA
 電話:(市外局番0361)227628
   国外からは(国番号62)-361-227628
 FAX:(市外局番0361)265066
   国外からは(国番号62)-361-265066
 ホームページ:http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○在インドネシア日本国大使館
 住所:Jl. M. H. Thamrin No.24, Jakarta 10350, INDONESIA
 電話:(市外局番021)3192-4308
    国外からは(国番号62)-21-3192-4308
 FAX:(市外局番021)3192-5460
    国外からは(国番号62)-21-3192-5460
 ホームページ: http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html


タイ カシコン銀行での口座開設 これからロングステイビザを取るために口座開設するのは出来ないと回答でした

タイ カシコン銀行に、タイ国内で手続きをしてロングステイビザを取るために、ビザ取得前に80万バーツを預ける口座を開けるか、メールで問い合わせたところ、下記のような返事が来ました。日本語のメールです。

結論は、駄目でした。これを真に受けると、日本でビザを取ってから、タイに入って、口座開設が一つの流れになりますね。

また、3メガバンクと一部の地銀からの送金では、中継銀行不要との事でした。
優遇両替レートを得る条件は、電話で教えてくれるようです。

週末に送付して、月曜の昼に返信が来てました。良い応答だと思います。

以下に回答メールを転載します。
—–
ジャパンデスクのご利用誠にありがとうございます。
ご相談の件、次の通りご案内申し上げます。

質問1)そのための口座開設をしたいのですが、可能でしょうか?
->弊行にて口座開設をする場合以下の書類が必要となります。(バーツ口座、円口座ともに同様の条件となります。)
①パスポート
②ワークパーミット(労働許可証)

原則として当地にて就労されている方を対象としております。
ただし、留学生の方、駐在員の配偶者様、ロングステイビザをお持ちの方や、当地にてコンドミニアムを既にご購入済みである方等長期でご滞在されていることをご証明頂ける方は各支店の支店長の判断により、別途必要書類をご準備の上、お口座を開設することも可能です。
よって、これからロングステイビザを取得される方がお口座を開設されることはできません。

質問2)日本のどの銀行から送金すると手数料が少ないか、中継銀行が不要になるか、あるいは、中継銀行にはどこを指定すべきかについて、教えていただけませんか?
->日本より海外送金をされる場合、手続きされる日本の銀行での送金手数料、当行での入金手数料がかかります。当行での入金手数料は送金額の0.25%(最低200バーツ、最高500バーツ)となり、どの銀行よりご送金されても同じ金額となります。
よって、手数料の差は、日本の各銀行での送金手数料によることと存じますが、各行の手数料につきましては、直接各行へお問い合わせください。
また、ご存知の通り、中継銀行を介する場合中継銀行での手数料もかかることと存じます。

なお、弊行への送金につきましては、メガ3行と弊行と提携のある地方銀行よりご送金を頂くことで中継銀行を経由せずに行うことが可能です。
また、これらの銀行よりご送金を頂く際に、日本円をそのままご送金頂き、当行にてバーツへ両替の上、バーツ口座へ入金することが可能です。(円口座を別途開設する必要はございません。)

質問3)また、預金額が多いと、手数料を優遇するようなサービスはありますか?
CIMB THAIの CIMB prefferdのようなサービスをイメージしてます。
->当行のWidomメンバー、または、Premiumクレジットカードをご利用頂いているお客様については、外貨両替レートの優遇がございます。また、この他、提携スポーツジム利用や、空港ラウンジ利用、ゴルフ料金割引など、様々な特典をご用意しております。
なお、個人様のお口座やお取引、クレジットカード等のご相談につきましては、弊行コールセンターにて承っております。本件につき、引き続きご不明な点等ございましたら下記日本語専用コールセンターまで直接ご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

日本語専用コールセンター
+66-2888-8826(日本語直通)
【受付時間】8:30~22:00(月~金曜日)

よろしくお願い致します。

カシコン銀行・ジャパンデスク
メール:japandesk@kasikornbank.com
======================================
Japan Desk
KASIKORNBANK
E-Mail : japandesk@kasikornbank.com
======================================