mm2h定期預金の利息再投資

mm2hで拘束されている、15万リンギの定期預金は、毎年4500リンギ程度の利息を産んでます。
現在まだ日本に居る私の場合、利息を使う機会が少ないので、利息を定期預金にする事にしました。

イスラム金融の商品の方が3ヶ月では利回りが良かったので、そちらを選び、正確には定期預金では無いですが。。。

その定期預金の組み方についてです。

3分割して、今月、来月、再来月と契約月を分けて3ヶ月定期を3本作りました。
HSBCの個人名義口座(夫婦名義にして無いです)ですが、ネットバンキングで簡単に自動更新型で作れます。

こうしておく事で、リンギ現金が必要になったら、定期預金の自動更新を止めて現金化出来るタイミングが、
毎月有ります。自動更新の変更もネットバンキングでします。
必要なタイミング迄、1ヶ月以上猶予が有れば、
定期預金を中途解約をせずに、済ます事が出来ます。

今後は、一年定期を12本作る事を目指してみようかなと思います。

更に、この自動更新の定期預金を使って、口座のロックを防ぐ方法が有るようです。
自動更新の条件は、いろいろ選べるのですが。
更新時に元本追加との選択が有ります。
ごく少額の元本追加をして、利息は普通預金へ入れるようにしておけば、
自動的に繰り返して、普通預金口座からの引き出しが行えると。

これで実際にロックを回避出来るかどうかは、未検証です。


HSBC口座凍結(ロック)の防止方法(自動送金設定の活用)

マレーシアの銀行口座では、一定期間お金を引き出さないと、いったん引き出せなくなって、窓口手続き等が必要と聞きます。
自動送金の仕組みを利用して、それを防ぐ方法紹介です。

HSBC内に2口座持っている場合に出来る方法です。

私は、HSBCマレーシアに、MYRと円のプレミア口座を開いています。

2口座間での少額の送金を半年毎に自動で行うものです。
私が窓口で行員に聞いた時は、口座から年に2回以上引き出す行為で、回避出来ると聞いてこのような自動送金を組みました。

ネットバンキングの操作が苦手だとの声を聞いたことがあったので、画面コピーを取って貼りました。

image

一枚目が、送金手続き画面です。繰り返し送金を指示します。
ここでは、RM10送金してます。(私のリンギ口座から円口座へ)

末尾のTransferボタンを押すと、確認画面が出ますので、
確認後、Confirmしてください。

これで1口座分終了です。
もう1口座のためには、送金元と送金先を逆にして
Curencyのところも別の選択にすれば、逆の送金をRM10することが出来ます。

image

送金予約の確認画面です・

送金元口座、検索日付を指定して、Goを押してください。

明細行の赤い日付をクリックすると明細画面が出ます。

image

私の場合、次回は、2月28日です。残り39回20年間予約してました。

image

送金日が過ぎたら、履歴を確認しましょう。

予約と同様に、口座と日付をセットして Go

私の場合、前回送金は、8/30でした。

明細行の日付をクリックすると明細が出ます。

この方法で、2年経過しました。ロックされた事は無いので、手間いらずで費用のかからない便利な対策だと思います。