HSBC口座凍結(ロック)の防止方法(自動送金設定の活用)

マレーシアの銀行口座では、一定期間お金を引き出さないと、いったん引き出せなくなって、窓口手続き等が必要と聞きます。
自動送金の仕組みを利用して、それを防ぐ方法紹介です。

HSBC内に2口座持っている場合に出来る方法です。

私は、HSBCマレーシアに、MYRと円のプレミア口座を開いています。

2口座間での少額の送金を半年毎に自動で行うものです。
私が窓口で行員に聞いた時は、口座から年に2回以上引き出す行為で、回避出来ると聞いてこのような自動送金を組みました。

ネットバンキングの操作が苦手だとの声を聞いたことがあったので、画面コピーを取って貼りました。

image

一枚目が、送金手続き画面です。繰り返し送金を指示します。
ここでは、RM10送金してます。(私のリンギ口座から円口座へ)

末尾のTransferボタンを押すと、確認画面が出ますので、
確認後、Confirmしてください。

これで1口座分終了です。
もう1口座のためには、送金元と送金先を逆にして
Curencyのところも別の選択にすれば、逆の送金をRM10することが出来ます。

image

送金予約の確認画面です・

送金元口座、検索日付を指定して、Goを押してください。

明細行の赤い日付をクリックすると明細画面が出ます。

image

私の場合、次回は、2月28日です。残り39回20年間予約してました。

image

送金日が過ぎたら、履歴を確認しましょう。

予約と同様に、口座と日付をセットして Go

私の場合、前回送金は、8/30でした。

明細行の日付をクリックすると明細が出ます。

この方法で、2年経過しました。ロックされた事は無いので、手間いらずで費用のかからない便利な対策だと思います。