寒冷地で水道凍結を防ぐ為の考慮


山中湖村は、1月に平均気温が0度位まで下がります。
水は凍って膨張し、水道のみならず、地表に埋めたレンガの目地のモルタルも凍ってひび割れしてました。

水道に加えて、給湯管の凍結防止には、奥深いものがありました。
冬季に家を離れる使い方をする私達のような使い方(別荘扱い)の場合、水抜きが必要です。
特殊な元栓を締めて更に回すと水道菅中の水が抜けます。その為には、抜けるように傾斜が必要。
給湯管にも傾斜をつけて排水バルブを開いて抜きます。

これで済めば簡単ですが、
混合水栓、シャワーホース、ヘッドに溜まる水を抜く必要があります。外せる所は、全部外して、振って抜きます。
サーモスタット付きは、より水が溜まりやすいので、凍結地域ではより要注意ですね。
水道工事屋さんには、水抜きを依頼されたら、エアコンプレッサーで水を吹き飛ばす所までやる人もいるそうです。そこまでやれば完璧ですね。
シャワーヘッド付きの洗面台のホースについては、寒冷地仕様なら、水抜き栓が付いてますが、現地の人はそれをひねるだけでは無く、外して振ってより確実に水を抜くのを好むようです。

さて、ここから本論です。
給湯器の選択では、寒冷地では給湯専用器が無難な選択。では有りますが、風呂の湯が冷めたら熱い湯を足す事になります。
我が家の家族は、沸かし直し機能付きに慣れてるので、湯温を上げたり下げたりに慣れてないので、家族の他人が高温にした時にやけどをしそうで、沸かし直し機能付きを強く希望。
所が、沸かし直し機能は、お湯の循環経路の水抜きにリスクが。機種によっては、常時循環させておく必要があるものもあるそうせす。
さて、その辺りを機種選定でどう確認するか?
メーカーの説明書ダウンロードを利用します。便利な時代になりましたね。

そして、燃料に何を選ぶか。
山梨県のLPガス地域では、灯油の給湯器が一般的のようです。機器は割高ですが、給湯量が一定以上なら灯油の方が安いようです。基本料金も無いですしね。
ガスと灯油で水抜き、凍結防止性能の違いをノーリツさんに聞いてみました。
直結型では、構造が同じなので、同様との事でした。貯湯型は事情が異なるようですが。まあ当然ですね。

前オーナーが設置した風呂給湯器は、沸かし直し機能付きですが、循環経路の傾斜を直してもらって、昨年は凍結無しに冬を越せました。西日が強く当たる2階にその風呂が有るのが幸いしてると思ってます。

さて、今回のリフォームに向けて、1階化粧洗面台とキッチンへの給湯器をガスで新設する事にしました。給湯器には特に寒冷地仕様は無く、配管工事で寒冷地配慮をすれば良いとの事でした。洗面台やキッチンの水栓には、寒冷地仕様を選ぶ方が良いです。

機器はネットで調達して、施主支給で工事をプロに頼む事にしました。こういう物品購入はネット購買でとても安く買えるようになりましたね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村

(Visited 49 times, 4 visits today)

コメントを残す